ミネラルウォーター比較ガイド

硬水のミネラルウォーターについて

硬水とは硬度の高いものを指します。硬度とはカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどがどれだけ含まれているのかという指標です。硬度の表記方法は国によって異なりますが、世界保健機関が定める硬度で計算した場合には、硬度が60未満のものを軟水、60以上120未満のものを中硬水、120以上のものを硬水と呼ぶことがあります。このように細かい基準は色々ありますが、簡単に言うとカルシウムイオンやマグネシウムイオンのたくさん含まれているミネラルウォーターが硬水であると言えるでしょう。

 

ヨーロッパの天然水は硬水であるものが多く、日本の天然水は軟水か中軟水であるものが多いようです。日本では沖縄で硬水を採水できる以外は、ほぼ軟水か中軟水と考えておくのが良いと思います。

 

世界保健機関では硬水の中でも硬度が180以上のものを「非常な硬水」と呼ぶことがあります。有名な硬水としてはフランスのミネラルウォーターであるエビアンやヴィッテルは硬度が300以上もある非常な硬水なのです。

 

こう水中に含まれるマグネシウムイオンが消化器官に影響を与えることがあります。一般的にはお腹が緩くなるという傾向があるのです。お通じが悪い人にとっては適していると思いますが、お腹を下してしまうということもあります。一般的にミネラルウォーターといっても色々なものがありますから、硬水を購入するときには体質に合っているかどうか注意して購入するのが良いと思います。


硬水のミネラルウォーターについて記事一覧

中硬水のミネラルウォーターについて

中軟水とは硬度が60以上120未満のものを指します。日本で採水されるものの多くは中軟水か軟水です。ですから、国産のミネラルウォーターを購入すればたいていは中軟水か軟水だと考えればよいと思います。ただし、日本でも沖縄で採水されるものは硬水のものもありますから、注意が必要です。硬度が60以上120未満と...

≫続きを読む

 

軟水のミネラルウォーターについて

軟水のミネラルウォーターとは、硬度が60未満のものを指します。硬度とはカルシウムイオンやマグネシウムイオンの量を指し示す指標で、軟水にはこれらのイオンがあまり含まれてイないと言えるでしょう。軟水とは言っても天然水であるものもありますし、天然水をさらに加工した軟水もあります。天然水を逆浸透膜法などの方...

≫続きを読む

 

海外のミネラルウォーターと国産のミネラルウォーターに違いはあるの?

ミネラルウォーターは採水地によってその性質が異なりますから、日本のものと海外のものとで比較するよりは、水の性質によって比較するほうが良いと思います。ただ、一般的な傾向としては、日本で採水される天然水には軟水や中軟水のものが多いという傾向があります。色々なミネラルウォーターを見ていると、日本で採水され...

≫続きを読む

 

発砲ミネラルウォーターとは?

発泡性ミネラルウォーターとは炭酸を含むミネラルウォーターを指します。最も有名なものはペリエではないでしょうか。ヨーロッパのレストランにいけばペリエは必ず置いてあるといわれていますが、それくらいペリエは有名なものです。ペリエの特徴としては非常に硬度が高いということでしょう。炭酸水と言ったほうが適してい...

≫続きを読む