ミネラルウォーター比較ガイド

中硬水のミネラルウォーターについて

中軟水とは硬度が60以上120未満のものを指します。日本で採水されるものの多くは中軟水か軟水です。ですから、国産のミネラルウォーターを購入すればたいていは中軟水か軟水だと考えればよいと思います。ただし、日本でも沖縄で採水されるものは硬水のものもありますから、注意が必要です。

 

硬度が60以上120未満ということは、カルシウムイオンやマグネシウムイオンがあまり含まれていないということです。多くの場合にはナトリウムイオンやカリウムイオンを含み、イオンバランスが比較的良いものが多いようです。硬水でお腹を下してしまうという人はいると思いますが、そのような場合には中軟水を飲むのが良いと思います。中軟水で体を慣らしてから徐々に硬水を飲み始めるのが良いでしょう。

 

中軟水とはカルシウムイオンやマグネシウムイオンを一定量含むミネラルウォーターのことですから、天然水である場合とそうでない場合とがあります。採水された段階で一定量のカルシウムイオンやマグネシウムイオンを含むものもありますから、これらは天然水の中古薄いと呼ぶことができると覆います。しかしながら、そうではなくて採水した後に純粋な水にして、その後再びミネラルを加えるという方法をとっているものもあります。このようなものは中軟水のミネラルウォーターではありますが天然水とは言えないでしょう。例えば海洋深層水を使ったものなどは、一旦は純粋にするという処理を行っているものが多いようです。