ミネラルウォーター比較ガイド

発砲ミネラルウォーターとは?

発泡性ミネラルウォーターとは炭酸を含むミネラルウォーターを指します。最も有名なものはペリエではないでしょうか。ヨーロッパのレストランにいけばペリエは必ず置いてあるといわれていますが、それくらいペリエは有名なものです。ペリエの特徴としては非常に硬度が高いということでしょう。炭酸水と言ったほうが適しているかもしれません。ペリエは細かい炭酸の泡が比較的長く続きますから、上品な雰囲気を楽しむことができるでしょう。ペリエに限らず、一般的には発泡性のあるものは硬度が高いという傾向があります。

 

炭酸が含まれるわけですが、この炭酸の原因となる物質は炭酸水素イオンである場合が多いでしょう。これらは炭酸カルシウムを含む地層を通して採水されるものが多いのです。ですから炭酸を含むと同時にカルシウムイオンを多く含み、その結果として硬度の高い水になりやすいと考えられています。

 

発泡性ミネラルウォーターは、日本ではあまり用いられることはありませんが、ヨーロッパやアメリカではよく飲まれています。むしろ、ミネラルウォーターといえばサンペレグリノのような発泡性を持つものを指すことのほうが多いようです。また、イギリスでは発泡性があるかないかで呼び方が異なります。発泡性のあるものはスパークリングウォーターと呼ばれることが多いようです。また、ニューヨーク州では炭酸ジュースを飲むよりもペリエなどの発泡性がある天然水を飲むことが推奨されています。